Search this site
「螢モシカスポーツ 山とスキーの店」のスタッフが送る最新の登山情報やスキー情報、その他面白情報のブログです。
(コメントやトラックバックは、受付けておりません。お問い合わせは、下記Linkより弊社ホームページからお願い致します。)
<< ゼロから学ぶ雪崩とビーコン 机上講習 募集します! | TOP | ここまで軽くなったサングラス >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
相模 嵐山 (さがみ あらしやま 405.9m)
 2015年1月26日(月)、天気予報は曇りのち雨でしたが快晴の中リハビリハイキングと温泉へ行ってきました。
相模嵐山はあまり知られてない山だと思います。この山の周りには高尾山(599m)、城山(560.3m)、景信山(727.1m)、そして石老山(694.3m)等の有名な低山があり、それらより小さい山なので本当におまけみたいな山です。しかし中央線からは高尾山よりも一目でわかる目立つ山なのですヨ。一度は登ってみたいと病み上がりのハイキングにと選びました。そして下山場所には何とできたてのさがみ湖温泉「うるり」があるんです。知らない方が多いと思いますが、旧相模湖ピクニックランド、今はプレジャーフォレストに最近、日帰り温泉が新設されたのです。
 今回は平日なのでガラガラの電車を相模湖駅8:28着。歩いても登山口まで30〜40分くらいでしょうが、三ヶ木行バスが8:33発なので乗りました。5分くらい乗って相模湖大橋バス停下車(料金¥180−)。橋を渡って左の道に入って10分もすると左側に立派な休憩所(トイレなし)があり、道の右手が嵐山登山口で東海道自然歩道の道標にもなっています。登山口よりわずか30分程で山頂です。


山頂標識。



山頂より相模湖がきれいです。正面奥が滝子山、その右が大菩薩連嶺の黒岳です。正面もっと左に富士山もあります。



山頂にある嵐山宮。
古いお宮かと思いきや昭和30年に創建とのこと。



山頂にある東海自然歩道の案内。バックの山は城山です。













 プレジャーフォレスト(温泉)方面へは神社の脇からいっきに30分の急坂を下り、その後は少し登ったり少し下ったりを30分繰り返します。


途中の緑鮮やかな孟宗竹の竹林。
この色だけ見ると春色ですがタケノコは当然まだ出てません。



下山口の日当りの良い道標。
この日は3月並の気温とのことでポカポカでした。道標の足元にはオオイヌノフグリのきれいな青色でかわいい花を咲かしていました。・・・この花の名前はかわいそうですけどね!















温泉からは不老山が大きい。野天風呂からも見えます。施設はきれいで、なかなかデラックスです。・・・ちと高いけど。



温泉「うるり」の入り口正面。



温泉料金表。



プレジャーフォレスト前バス停から公園入口を見る。バスは1時間に1本程なので時間の確認が必要です。相模湖駅まで約10分(¥200−)。


さて今回一番役に立った道具は愛用のオスプレイザック、タロン22・・・ではなくその右のつえ、ブラックダイヤモンド社のディスタンス105〜125cmのタイプ(コレはウィメンズカラー)。Dパックにも収納できるコンパクトさで、すご〜く便利なのです。¥13000−で売ってますぜ〜。
注意1秒、ケガ一生で、おととしのケガが今も完治せず、このストックがなければ山は無理なのです。「ありがたや〜」。ストック利用で山へはガンガン行きたいものであります。その上温泉に入れば足にも良しなのだ。

本店 笹原記

 

posted by kamobaba | 12:42 | 山行記録 | - | - |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 12:42 | - | - | - |