Search this site
「螢モシカスポーツ 山とスキーの店」のスタッフが送る最新の登山情報やスキー情報、その他面白情報のブログです。
(コメントやトラックバックは、受付けておりません。お問い合わせは、下記Linkより弊社ホームページからお願い致します。)
<< 実践!地図読図@高水三山 | TOP | 山×旅 利尻岳 礼文 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
残雪と、新緑うれしい北アルプス
今年も早、海の日連休で、北アルプス登山もハイシーズンになりつつあります!
初挑戦と言う方も、今度はどこを縦走しようかという方も、計画が楽しい時期ではないでしょうか。

そんな時期目前の7月1週目に、北アルプス 後立山連峰へ行ってきました。
(扇沢〜柏原新道〜岩小屋沢岳〜新越山荘〜鳴沢岳〜赤沢岳の往復)

扇沢からの下山経験がある方は寄ったことも多いであろう、
大町温泉郷の日帰り温泉「薬師の湯」の露天風呂から見える稜線
が、ちょうどこのあたりです。

北アルプス、残雪 には注意が必要な時期です。
▼稜線上・・種池山荘〜新越山荘間
IMG_2009.JPG

各山小屋も夏季営業再開に伴い、
山小屋スタッフによる、雪切りが頻繁になされていることと思いますが、
ホームページ等で直前の登山道情報チェックをお忘れなく!
(カモシカスポーツ ホームページTOPの「山のリンク集」からも北アルプスの各山小屋のホームページにとべますよ!)

IMG_2029.JPG
このコースも、
雨&もちろん気温による、自然融雪がすすみ、
雪切りされた場所もすぐだれてしまい、雪の上を歩くか、夏道を行ってしまってよいか
迷うところがいくつかありました。


盛夏の北アルプスももちろんいいですが、
私は 残雪 新緑 の、この季節がいちばんすきかもしれません。
静けさのなかを歩けるのが、また良い。

IMG_2065.JPG

キヌガサソウ。
雪解け直後から、1カ月以上この姿で咲き続けますが、だんだん白に陰りが出てくる感じがします。
やはり咲き始めのこの真白な白はすばらしい。
IMG_2003.JPG

かわいらしい、サンカヨウ。雨にぬれてもまた良し。
IMG_2002.JPG

ハクサンイチゲ。この季節の白い花って好きです。
IMG_2027.JPG

花びらが風でひらひらして儚げな、シラネアオイ。
あまり長い期間は見られません。
IMG_1997.JPG
IMG_2001.JPG


明るさをたたえた緑。
IMG_2042.JPG


この時季の、若葉の、緑の明るさ、
花の輝かんばかりの白さは、筆舌につくしがたいものがあります。


新刊ではありませんが、こんな季節におすすめの良書を発掘!!

〇海 新緑 の季節に読みたい1冊!
池田知沙子『みんな ちさこの思うがままさ』山と渓谷社) ¥2,730-(本体)
chisako.jpg
ほんとうに 山はどんどん青くなっていく
ただ それだけのことが 心をゆさぶる」
(本書p.318より)


沢を、森を、山を愛した、池田知沙子さんの遺稿集です。
こんなふうに山行を表現できたらいいなあと思う、
決しておごり高ぶらない、キラキラした言葉が並びます。

ここ1〜2年ほど、書籍の上梓相次ぐ、高桑信一さんファンの方はご存じかもしれません。
高桑さん主宰の山岳会に在籍されていた方で、高桑さんは彼女のことを
「森の巫女」と評しています。


∨魅▲襯廛垢鯤發い討い「?」と思うことが、これで 解決!
『山の「あれ なに」図鑑 日本アルプス・八ヶ岳周辺編』(山と渓谷社)¥1,404-(本体)

山のあれなに.jpg

地形、岩石、天気、星空から、登山マナーまで・・
いろんな「あれ、なに?」に対する答え
これ1冊にぎゅっと凝縮されています。

こんなふうに、
きっと出会える高山植物」とか「よく出会う生き物」という分類のため、ズバッと調べやすいです。
▼この「チズゴケ」なんてまさに「あれなに?」
IMG_2073.JPG

新書よりも薄くて軽いサイズの図鑑なので、
山に持って行っても、荷物にならず、盛りあがること請け合い!?


武井 記

【おまけ】超マニアック雪形。
岩小屋沢岳〜新越山荘あたりから、「白馬三山」のほうを眺めると、「三山」という文字の雪形が見えます。
IMG_2054.jpg






 
posted by kamobaba | 10:00 | 山行記録 | - | - |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 10:00 | - | - | - |