Search this site
「螢モシカスポーツ 山とスキーの店」のスタッフが送る最新の登山情報やスキー情報、その他面白情報のブログです。
(コメントやトラックバックは、受付けておりません。お問い合わせは、下記Linkより弊社ホームページからお願い致します。)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
やっぱり登山靴は
 う〜ん、春です、、、。今日の東京は快晴。春の日差しいっぱいです。まあ春になるといろいろ変わることもあります。個人的には寝台列車のトワイライトエクスプレスや北斗星がなくなるのは寂しい限りです。しかし明日14日は北陸新幹線の長野〜金沢間が開通します。不思議なもので新幹線の開通ともなればなんだかわくわくします。いやぁ乗ってみたい、、、。オッとそう言えば上野東京ラインも明日開業でしたっけ、、、。

 さて、登山用具も春から変更があったものがありまして、本日ご紹介する登山靴、スカルパのキネシスとミトスもその一つです。


左の写真、上の段が女性用のミトス、下の段がキネシスであります。えっ、何が変わったって。それは価格なんです。¥27000(本体価格)が¥23000(本体価格)に。いやいや、諸物価高騰の折これはグッドニュースであります。

 このミトスとキネシス、見た目以上に幅広設計で履きやすいんです。しかも、


くつひもをキュッと締めると適度に足首を締めます。締めると言ってもごつごつ当たるような感触はなく、まるで優しく包むよう。柔軟性も良く、足の動きにスムーズにフィット。だから歩きやすい、、、。



しかもソールのしなり具合が絶妙であります。これ以上硬ければ歩きにくい。でもこれ以上柔らかければ悪路で足を守りきれない。キチンと足をサポートしつつでも足運びを損なわない柔軟性もあわせもつ。いやはや実によくできている、と思うのですが、、、。

 そもそも一口に登山道と言ってもその様相は様々です。よく整備された道もあれば、木の根っこでボコボコしていたり、石がゴロゴロしていたり。でもそんな道をガシガシ歩かなければなりません。その時靴がしっかりしていないと思わぬアクシデントを招きます。運動靴のような柔らかいソールですと足裏を痛めます。そして足首まで覆うハイカットモデルは知らず知らずのうちに足をサポートしてくれています。試しに足首部分のないローカットモデルで歩くと足、特にふくらはぎに負担がかかり思った以上に疲れてビックリします。またハイカットでなければ足首を捻りやすい。ひどいと捻挫を起こしかねません。もうそうなったらアウトです。歩けなくなったら助けを呼ぶしかありません。まっ、正しい道具を選ぶのもリスク管理のひとつと言ったところでしょうか。


登山靴は重くて歩きにくいと思っている方、多いのではないでしょうか。確かに運動靴に比べれば重いし、舗装された道は歩きにくいと思います。しかし山道は街中の舗装された道とは違います。そこであなたをしっかりと支えるのが登山靴です。いつ、どの山に登るのかによって靴も変わります。今日ご紹介したキネシスとミトスは軽登山靴としては各性能がバランスよくまとまった良い靴だと思います。日帰りハイキングや夏山の山小屋を利用した縦走にはもってこいです。

 カモシカではこの他にも雪山縦走に適した靴も夏のハードな縦走に適した靴もあります。ぜひあなたの山行に合わせた靴を選んでください。
 皆さんのご来店お待ちしております。


スカルパ/キネシスGTX
重量:670g(#42 1/2ペア)
サイズ:#39〜#48(24.9〜30.3cm)

スカルパ/ミトスGTX
重量:540g(#38 1/2ペア)
サイズ:#36〜#42(23.1〜26.7cm)

価格は共に¥23000−
*本体価格
 
posted by kamobaba | 13:52 | 商品案内 | - | - |
カモシカにも滑り止めあります
 プロ野球のキャンプも始まり、節分も立春も過ぎ、ようやくすぐそこまで春が来たかぁと思っていたらこの天気、、、。ここ東京高田馬場ではまだ雪は積もっていませんがまだまだ油断は禁物。天気予報では今晩も降り続くというから困ったものです。しかし本当に大変なのは明日以降であります。もし雪が積もったとしたら、、、。さくさくと踏みしめることができれば問題ないのですが、カチカチに凍ったらこれはもう始末に負えません。歩幅を小さく、ゆっくり歩けば滑らないと言いますが、年に数えるほどしか雪が降らない東京の人間にそれを言ってもなかなか難しい、、、。おっかなびっくり腰は引けるわ、肩に力は入るわ、ここまで来るとこれはもうまさしく修行であります。こんな時はさっさと道具に頼るのがベター、、、。という事で実はカモシカにもあるんです、滑り止めが、、、。


例えば こちら。ダックスのチェーンアイゼンとコーラのノンスリップパッズ。どちらも登山用具ではありません。あくまでも街中で使うものでありまして、、、。



まずはコーラのノンスリップパッズ。付け方は簡単。ソールにセット(指の付け根あたりに)。ベルクロを金具に通してギュッとしめればOK。



金属製のピンがしっかりと氷をとらえます。これでもう安心、凍った道も恐れるに足りず。どーんとこいっ、てなもんです。


そしてもう一つがダックスから発売されている、その名もズバリ、チェーンアイゼンであります。こちらも付け方は簡単。


小さいループを爪先に引っかけ、グッと引っ張って長いループをかかとにかけます。これでOK。


セットするとこのように。タイヤのチェーンと同じ理屈でスリップを防ぎます。

 この種のものは色々あると思いますが、大事なのは軽量コンパクト。そして着脱がしやすい事。電車やバスに乗る時にサッと外せる。日影に残ってる雪に出くわした時、サッとつけられる。シンプルイズベストと言ったところでしょう。
 今降っている雪が積もるかどうかまだわかりませんが、備えあれば憂いなし。イザという時慌てないためにも準備が大切なのであります。まっ、何事もそうだと思いますが、、、。


コーラ/ノンスリップパッズ
サイズ:フリー
重量:100g
¥900−

ダックス/チェーンアイゼン
サイズ:S(22.5〜24cm)、 M(24.5〜26cm)、 L(26.5〜28.5cm)
重量:95g
¥1900→ ¥1710−

*価格は本体価格
posted by kamobaba | 18:06 | 商品案内 | - | - |
おすすめトレッキングパンツ

もうすぐ立春ですね。
立春とは『寒さがあけて春に入る日』なのですが、山も町もまだまだ寒いですね。
そこで低山〜3000メートル峰でも使えるパンツの紹介です!

ノースフェイス
バーブ サーマル パンツ
18360円(税込価格)

 
色はアーバンネイビーとブラックの2色です。
 
ストレッチがきいていて動きやすく、裏地が起毛していて保温力もあります。
そして裾のフロント部分はトレッキングシューズのシューレース部分に留められるようにフックが付いています。
使わない時はフックが邪魔にならないように留められる工夫もされてます。

さらに両サイドにあるハトメリングにバンジーコードを通してトレッキングシューズの下にまわせば、
ズボンが上がってくるのもふせげ、スパッツみたいに使えます。

メンズのフロントファスナーは、ダブルファスナーになっているのでハーネスを着けていてもトイレに行きやすいですよ。


そのまま履いて低山も良し!
パンツの下にタイツを履いて3000メートル峰も良し!
今履いているパンツが寒い方、買い換えを考えている方オススメです!!
 
posted by kamobaba | 12:06 | 商品案内 | - | - |
ここまで軽くなったサングラス
 心配された雪も午後には雨に変わり、高田馬場のお店の周りの雪はすっかり消えました。ヤレヤレ、ちょっと安心、、、。しかしまるで冷凍庫のような寒さ、、、。明日の朝、路面の凍結が、、、。さてさて明日の出勤に差支えがないと良いのですが、、、。

 さて、昨今の登山用具はどんどん軽量化が進んでいますが、サングラスも例外ではないようで、、、。そこで本日はこんなサングラスのご紹介であります。


SportEyz社のロールアップサングラス。この写真だとちょっとわかりにくいのですがその名の通りくるくるっと丸めて収納できるサングラスです。



構造は拍子抜けするほど簡単。まぁ、一言で言ってしまうとカラーフィルム(材質はポリカーボネイト)にゴムヒモをつけたような感じ、、、。サイズはフリー。後ろのコードロックで顔にフィットさせます。

 実際に装着してみると、、、。イイんです、これが。意外と。軽い装着感でフィットします。またメガネの上からも付けられます。メガネの形にもよるのでしょうが、従来のオーバーグラスはどうしても重く不快なものです。その点このロールアップサングラスなら実に軽快そのもの。いやいや大したものです。ちなみに重さをお店のはかりで量ってみたら何と僅か10g。メガネの上からしても軽く感じるはずです。


カラーはイエローとグレーの2色です。



収納ケースも小さい、、、。巻いて巻いてこのケースに入れて下さい。でもあまり強くギュッと丸めると破損することもありますのでご注意を。まっ、優しくそっとお願いします。何事も急いで乱暴に扱っていけません。


お店ではサンプルを用意していますので、オッと思ったあなた、ぜひぜひお試しあれ。


Sporteyz/ロールアップサングラス
カラー:イエロー、グレー
サイズ:フリー
重量:10g
¥2400−

*価格は本体価格
 
posted by kamobaba | 19:26 | 商品案内 | - | - |
軽アイゼンは何時つけるか
 いやもう暖かいのなんのって。今日は朝から手袋をしないでも大丈夫、、、。なんかもう春が来たような、、、。しかし今晩からまた真冬に逆戻りと言うのだから忙しいこってす。

 さて、本格的な春の到来はもうしばらく先のようで山もまだまだ冬景色であります。近郊のハイキングコースと言えども雪は残っており、お店でも軽アイゼンの需要も高まります。そこで本日は軽アイゼンのご紹介を、、、

 一口に軽アイゼンと言っても色々ありますが一般的に4本爪アイゼンか6本爪アイゼンをさすことが多いようです。このうち4本爪は靴のまん中あたり、ちょうど土踏まず辺りに付けるモデルが大半です。そのため一本歯の下駄のようになって結構歩きにくい。しかも6本爪アイゼンに比べ歯もおとなしめ。となると真冬の固く締まった氷には歯がたたないことも、、、。これではアイゼンとして役不足であります。ですのでこの時季のおすすめは6本爪であります。


こちらはダックスから発売されている6本爪アイゼン。ストラップで靴に括り付けるタイプであります。



このストラップの通し方はいたってオーソドックスなタイプ。ワカンもこの方式です。一見難しそうに見えるかもしれませんが慣れてしまえば簡単です。まぁ、事前に1、2度練習しておけば大丈夫。ちなみにストラップの通し方を忘れても収納袋にイラストで通し方が出ていますのでご安心を。



そしてもうひとつ、こちらはエバニューから発売されている巾調整式6本爪アイゼン。


ストラップの代わりにラチエットで靴に付けます。甲とかかとの部分のラチェットをセットするだけ。いたって簡単なものです。ただこのアイゼンは事前に靴に合わせてアイゼンの幅を調整しておくことが必要です。それとラチェットを組み込んでいるのでその分ダックスのモデルよりもやや重い、、、。


また収納時もエバニューのモデルはちょっと大きい、、、。冬は色々と装備が増えるのでコンパクトに収納できると助かります。まぁ、装着しやすさを選ぶのか軽量・コンパクトなモデルを選ぶのか悩ましいところではあります。


 6本爪アイゼンは冬のハイキングを快適に楽しむための装備でありますが、たまに何時付けるの?と聞かれることがあります。まぁ、軽アイゼンと言えども山道具の一つでありますからその使い方に決まりはありません。その時の状況に応じて上手く使うことができればと思います。人によっては雪が出てくればすぐアイゼンをつけるとも聞きますが個人的には雪が固く、こちこちになっていたらつける、そのくらいでも良いのではないかと思っています。雪を踏んでみて軽く足が沈むくらいであればおそらくアイゼンなしでも滑りません。ふかふかの雪にアイゼンをつけても間違いではありませんが、つければそれなりに足は重くなります。やはりせっかくですから軽快にサクサクと雪を楽しみたいものです。でも日影に残っている雪は往々にしてアイスバーン状態になっていることが多くうっかり不用意に足を置くとツルッと滑ります。そんな時にアイゼンです。アイゼンの爪をしっかりと食い込ませてください。これでもう安心です。また、雪が凍っていなくてもちょっと傾斜がきつくて怖い、腰が引けると思ったらぜひ持ってるアイゼンを活用してください。やせ我慢をしてケガでもしたら元も子もありません。大事なのは安全な登山であります。そのために持っている道具はフルに活用すべきでしょう。


軽アイゼンもいろいろです。中には調整が必要なものもあります。もし靴をお持ちいただければその場で調整もします。どうぞお気軽に声をかけてください。ご来店お待ちしています。



ダックス/6本爪アイゼン
サイズ:レギュラー、ワイド
重量:440g
¥6900 → ¥6210−

エバニュー/巾調整式6本爪アイゼン
サイズ:S(22〜24.5cm)、L(25〜28cm)
重量: S 560g、 L 580g
¥7400 → ¥6660−

*価格は本体価格
 
posted by kamobaba | 18:21 | 商品案内 | - | - |
ライトアンドファスト、オスプレー ミュータント38
 今日は晴れたり曇ったり、、、。でも妙に暖かい、、、。なんだか冬が終わったみたいな、、、。しかし天気予報ではまた寒くなると。まっ、寒くなったり、暖かくなったりを繰り返しながら季節は進むのでしょう。と言うことは春も近づいていると言うことなのでしょうか。まだ一月なんですけど、、、。

 さて、本日はオスプレーのクライミングパック、ミュータント38をご紹介しましょう。


以前からあったミュータントが今シーズンモデルチェンジしました。オスプレーの中にあってはちょっとビックリするようなシンプルデザイン。余分なものはなし、クライミングに必要な装備のみ。ですから、パック本体のどこかがファスナーで開くとか、中が仕切れるとかも一切なし。レインカバーも付属していません。


 正にシンプルイズベスト。


アイスアックスを付けるとこのようになります。また雨蓋部分には着脱できるヘルメットキャリーも付いています。サイドにはスキーストラップも付いています。



それでも軽量化にこだわるところはオスプレーらしいところでありまして。雨蓋をとるとこのように(とって使う時のためにフラップジャケットがついています)。ちなみに雨蓋はバックルを外すだけで簡単にとれます。さらに背面のフレームシートとアルミステー、サイドのコンプレッションストラップまで取り外せます。そうすることで約30%の軽量化ができます。


 そして大事な背負い心地ですが、背面、ショルダーベルトの感触はオスプレーらしいソフトなフィット感。このあたり個人的には好きな所でありまして、、、。


クライミングを意識したパックは本日ご紹介したミュータントの他にも色々あります。同じオスプレーでしたらバリアントシリーズ、ブラックダイヤモンドでしたらスピードシリーズ、そしてパタゴニアのアセンジョニストなどなど。どれも特色あるパックですのでぜひ一度手にしてみてください。
みなさんのご来店お待ちしております。


オスプレー/ミュータント38
サイズ:S/M、 M/L
容量:S/M 35ℓ、 M/L 38ℓ
重量:S/M 1110g、 M/L 1190g
¥16000−

*価格は本体価格
 
posted by kamobaba | 15:37 | 商品案内 | - | - |
ヘッドランプ、ランニングコストで選ぶなら
 昨日の午前中は雨も上がりちょっと温もりも感じられ季節を先取りしたかのようでしたが、午後になると一転冷たい風が吹き真冬の寒さに、、、。帰宅時はその風が一段と強まるし、電車は遅れるし、サッカーは敗れるしと全く散々な夜でした、、、。

 さて、本日はヘッドランプのご紹介なのですが、、、


こちらはブラックダイヤモンドのリボルト。明るさが90ルーメンととても明るいヘッドランプなのですがそれだけではありません。



ブラックダイヤモンドの充電池が付属しています(もちろん普通の乾電池も使えますが、、、)。


さらに本体に充電池をセットしたまま付属のUSBケーブルで充電することができます。これはちょっと便利かも、、、。いちいち電池を取り出すことなくパソコンなどにつなげるだけで良いのですから。

 電池代と言ってもバカにできません。塵も積もればであります。でも充電池にすれば電池を買い替えなくても済みます。山で使った後、家で充電すれば次の山行でまたフルに使えます。貧乏性な自分としてはこれは本当にうれしい事でありまして、、、。しかもリボルトなら簡単充電。いやいやなかなか大したものです。ヘッドランプをランニングコストで選ぶならこのリボルトがおすすめであります。
 充電池以外の電池を本体に入れたまま誤って充電しようとすると思わぬ事故が起きます。そのためリボルトはブラックダイヤモンド以外の電池、充電池を入れて充電しようとしても反応しません。まっ、事故を未然に防ぐと言ったところでしょうか。


ヘッドランプも様々あり、その性能もまた様々です。軽さで選ぶのか、それとも価格で選ぶのか。今やヘッドランプもあなたの山行スタイルに合わせて選ぶことができます。
ぜひじっくりと比べてみてください。


ブラックダイヤモンド/リボルト
全光束:90ルーメン
最大照度での照射距離:66m
最小照度での電池寿命:190時間
電池:単4型電池x3本
重量:100g
LED:トリプルパワーx1、シングルパワーx2
¥6600−

*性能データは充電池使用の場合
*価格は本体
posted by kamobaba | 17:24 | 商品案内 | - | - |
冬の野外観察
 一昨日、昨日と続いた冷たい雨も朝には上がり、今日の東京は快晴であります。朝起きた時にはまだ曇り空でしたが出勤する電車の中から空を見ると雲が取れちょうど青空が広がろうとするところ。まだまだ寒いものの雨に洗われた青空はやはりきれいなものです。

 さて、本日は冬の低山をより楽しめるアイテムをご紹介しましょう。
冬の山は花もなく殺風景で面白くないという話をたまに耳にしますが、いやいやそんなことはないんですよ。例えば木々の葉が落ちるから展望がよくききますし、冬鳥も観察しやすくなります。そして枝の先をよく見ると冬芽が膨らんでいますし、足もとにはどんぐりも、、、。


そこで、こんなハンドブックはいかがでしょうか。文一総合出版から出版されている冬芽ハンドブックとどんぐりハンドブックであります。


 樹木の図鑑は色々ありますが冬芽に特化した図鑑はあまり目にしたことが、、、。まぁ、それはさておき、冬芽も樹木の数だけあります。冬芽からその木を調べてみるのもまた楽しいものではないでしょうか。そしてどんぐり。身近なものですが一口にどんぐりと言ってもその種類も意外と多いものです。もし見たことのないどんぐりを見つけたらこのハンドブックで調べてみませんか。

 さて、冬芽にしろどんぐりにしろじっくり観察するにはこのようなものがあると便利ではないでしょうか、、、。


ルーペであります。エッシェンバッハのハンディルーペ。レンズをスライドさせて収納できるので携帯に便利です。倍率は3.5倍、レンズサイズは45mmです。レンズの材質はPXM。エッシェンバッハ社独自開発の光学樹脂なので軽量で傷がつきにくく明るいのが特長です 。

 さらにもっと細かく観察したい時は、、、


顕微鏡です。キーホルダー型の小さい小さい顕微鏡です。その重量わずか10g。倍率は15倍です。


使い方は簡単。対象物に透明のフードを接触させのぞいてください。ミクロの世界が垣間見れます。

 冬には冬の楽しみ方が山にはあります。どう楽しむか、何を発見するかはあなたの感性次第。今度の休みは山へ出かけてみませんか。カモシカには冬山を楽しむアイテムが色々揃っています。ぜひぜひご来店くださいませ。


冬芽ハンドブック
広沢 毅 解説、 林 将之 写真
新書判 88ページ
文一総合出版
¥1200−

どんぐりハンドブック
いわさゆうこ著、 八田洋章監修
新書判 80ページ
文一総合出版
¥1200−

エッシェンバッハ/ハンディルーペ
サイズ:56x54x10mm(本体)
レンズ:3.5倍 45mmΦ
重量:30g
¥1800−

マイクロスコープ
サイズ:34x10mm
倍率:15倍
重量:10g
¥1200−

*価格は本体


 
posted by kamobaba | 16:12 | 商品案内 | - | - |
とっても大事なコッヘル
 昨日は冷たい雨の一日でした。家から駅までのわずかな道もいやぁつらいのなんのって、、、。文字通り凍えるような寒さでした。まっ、雪にならなかっただけよかったのでしょうか。

 さて、本日はコッヘルの話を、、、。


コッヘルも色々あります。
最近人気はやはり深型。ガスカートリッジもバーナーヘッドも入るので確かにパッキングしやすい。ただ、ちょっと食べにくい、、、。山では軽量化のためコッヘルをそのまま食器として使うことも珍しくありません。そうすると従来からの平型が良いのかも。パッキングをとるか、食べやすさを優先するか。まっ、この辺り最終的にはユーザーの判断に委ねられるのですが、、、。


 それよりも個人的には取っ手に拘りたい、、、。いやいやとっても大事なんです、これが。


多くの場合、取っ手はこのような形状をしています。
これだとコッヘルを持つ時は、、、



このように上からわしづかみ。まぁ、山なら許されのでしょうが、よく考えるとこれは行儀が悪い。日本人としてはこれはいただけない。う〜ん、ゆゆしき事態であります。



しかし、この形状であれば、、、



このように横から手を添えるようになります。
古今東西、茶碗だろうがお椀だろうが上からわしづかみと言うことはありません。せっかく美味しい料理をいただくのだからお行儀よくいただきましょう。
実際使ってみると食べやすいんですこれが。


 しかも上の写真のコッヘルはチタン製。チタンは熱を伝えにくいという特性があります。料理をするには不向きなのですが食器としてはこの特性はなかなか有効です。熱いものを入れても口元までは熱くなりません。だから唇の火傷も防げます。う〜ん、これは安心。
 おすすめです。
 ぜひぜひお試しあれ!


スノーピーク/コンポーネントクッカー ソロセットチタン極
サイズ:ポット Φ94x122mm 830ml、カップ Φ96x50mm 330ml
重量:155g
¥5650−

*価格は本体
posted by kamobaba | 19:55 | 商品案内 | - | - |
日々の生活にもスマートウール
 寒中の寒さが続いております。この時期、家にいても足もとから冷えてきます。例年の事とは言えこれはなかなかつらいもの。と言うことで、本日取り上げるのはスマートウールのソックスでありまして、、、


スマートウールのソックスと一口に言っても登山用からトレラン用、スキー用とその種類は多岐にわたります。その中でライフスタイルと言うカテゴリーがありまして、まぁ、平たく言えば普段使いのスマートウールなのであります。



その中の一つ、これはウィメンズ スノーフレークフラーリー。今シーズンのニューモデルであります。
太めの糸で編まれたこのソックス、足を締めつけることなくゆったりした履き心地です。丈も少し長めでこれなら足元暖かく過ごせます。足裏のクッションはノーマルクッションです。



そしてこちらはメンズモデル、カラーブロックであります。ちなみにこちらも今シーズンのニューモデル。足裏にクッションのないノンクッションなので普通のソックスと同じくらいの厚さです。だからいつも履いている靴に無理なく合わせられます。

 スマートウールのソックスはその名の通り主にウールで作られています。しかもそのウールは良質のメリノウール。単に暖かいだけでなく濡れても冷えにくい特長があります。だから汗ばんでも汗冷えを極力抑えてくれます。実感としてはほとんどしないと言っても良いかも、、、。さらに防臭・抗菌作用もあります。真夏、汗びっしょりになってもスマートウールのソックスは臭いませんでした。これには正直びっくりであります。山でも良し、街でも良し。いやはやすぐれものであります。


従来、ライフスタイルのソックスは女性用が中心でしたが男性用のモデルも増えてきました。


 あなたもこの機会にスマートウールのソックス使ってみませんか。決して後悔しない、、、と思うのですが、、、。


スマートウール/スノーフレークフラーリー (女性用)
サイズ:S(21〜23.5cm)、M(24〜26.5cm)
メリノウール 86%、ナイロン 13%、ポリウレタン 1%
¥2600−

スマートウール/カラーブロック (男性用)
サイズ:M(24〜26.35cm)、 L(27〜29.5cm)
メリノウール 65%、ナイロン 34%、ポリウレタン 1%
¥2200

*価格は本体
 
posted by kamobaba | 18:41 | 商品案内 | - | - |